【ヤリ目上等】ハッピーメールとペアーズをセフレ作り目的で徹底比較

「えっちしたいな。都合良い相手が欲しいけど…… やっぱりネットとかで出会うのかな?」

セフレが欲しいと思った人が1度は考えるのが、ネットの出会いですよね。他の人の力を借りずに相手を探せるため、ネットの出会いに興味を持ったことがある人は多いです。

実際、ネットの出会いは以下のような人におすすめです。

  • お金を払わずにセックスできるセフレを探している
  • セフレが欲しいけど、彼女がいるから合コンには行けない
  • 結婚しているから、絶対にバレずにセフレを探したい

しかし、ネットでも色々なサイトがあるから迷ってしまう人は多いです。

特によく見るのが、「ハッピーメール」や「ペアーズ(pairs)」ではないでしょうか。どちらも「真面目な恋を応援しているサイト」のように、色々なところで広告が表示されています。そのため、本当に恋人でなくセフレが作れるのか不安になってしまいますよね。

pairs2.jpg

端的に結論を言うと、セフレ探しにはハッピーメールがおすすめです。なぜかというと、「出会い系サイト」のハッピーメールと「マッチングアプリ」のペアーズでは、女子の登録目的が違うからです。

  • ペアーズ(マッチングアプリ):恋活、婚活
  • ハッピーメール(出会い系サイト):セフレ探し、パパ活、援交、不倫、遊び・飲み友達、恋活、婚活、などの出会い全般なんでもOK

このように実際にセフレを探している女性と出会えるため、セフレ探しには出会い系サイトのハッピーメールがおすすめなんです!

ハッピーメールでセフレが作れるかチェックしてみる

遅れましたが、はじめまして! マッチングアプリで即日えっちしたら、「体の関係目的の使用」で通報された「まんてぃ飛鳥(以下、まんてぃ)」です。身に覚えがなければ異議申し立てもできそうでしたが、実際にヤリ目だから何も反論できませんでした(>_<)笑

pairs1.jpg

世のなかでは、ペアーズなどのマッチングアプリで出会いを探してえっちしよう、と考える人が多いです。実際、ペアーズでは可愛い写真を出している人が多くて、えっちしたいなと思っちゃいますよね。ぶっちゃけ、付き合わずにえっちするくらいならペアーズでもできます。

しかし、マッチングアプリで真面目に恋活・婚活している女子の恋心を利用してセックスすると、女子のうらみを買って反撃されることがあります。結果、以下のようなことが起こります。

  • 泣かれる、罵声を浴びせられる
  • 通報されて強制退会させられる
  • 要注意人物として、2chにあげられる

もちろん、ネット上に人物を特定できる写真を載せるのはNGなのですが、恨みを持った女性の行動は恐ろしいものです。実際、既婚なのにペアーズで遊んでいる男性が、2chで注意人物として顔をさらされているのを何人も見てきました(まんてぃは未婚ですが、一応自分のもチェックしてました笑)。

まんてぃは真面目に恋活・婚活している女子にうらまれたくないため、今はペアーズでなく、ハッピーメールでセフレを量産しています。

また、恨まれることをのぞいても、ハッピーメールの方が誰でも気軽にセフレを作れるんですね。しかし「本当にハッピーメールの方がセフレが作れるの?」と疑問に思う人もいるため、本ページでは5つの視点で、ペアーズとハッピーメールをセフレ作り目的で徹底比較します!

登録のしやすさを比較する

ペアーズ・ハッピーメールのどちらのサイトでも、セフレを作るにはサイトに登録する必要があります。ただ、両方のサイトともすぐに登録できるわけではなく、一定の条件を満たさないと登録できません。

先に結論を言いますと、ハッピーメールの方が誰でも容易に登録できます。その理由は、恋人あり・既婚の人でも登録できるから、提出が義務付けられる年齢確認書類の一部を隠しても良いからです。

登録のしやすさ比較

ペアーズ ハッピーメール
登録できる人 △ 独身・恋人いない、高校生をのぞく18歳以上の人(未婚・既婚問わず) ◎ 高校生をのぞく18歳以上の人であれば誰でも
年齢確認の心理的ハードル × 高い(氏名・住所などの個人情報の提出が必要) 〇 低い(氏名・住所などの個人情報の提出不要、クレジットカード支払いでもOK)

以下、それぞれを解説しますね。

既婚・恋人ありでも登録できるのがハッピーメール

既婚者のなかでもセフレが欲しいという人は多いですよね。そんな既婚のあなたでも、サイトの利用規約に違反せずに登録できるのがハッピーメールです。

ペアーズは独身で、恋人がいない人でないと登録できないルールです。違反しているのがバレて通報された場合、強制退会となる可能性があります。強制退会となった場合、支払った料金は戻ってきませんし、ペアーズに2度と登録できません。

ペアーズ利用規約 第6条1項

18歳以上(高校生は除く)で、独身(現在離婚している方も含む)の方のみが利用可能なサービスとなります。年齢及び独身の判断は、当社が会員登録時のFacebookに登録された生年月日、交際ステータス、本人の自己申告等を元に合理的な範囲で行うものであり、全ての本サービスの会員が常時18歳以上かつ独身であることを当社が保証するものではございません。登録後に違反が発見された場合、当社判断で会員登録を無効とさせていただきます。当社は、無効とする措置により利用者に発生した損害について一切の責任を負わないものとします。

参照先:https://pairs.lv/#/static/termsofservice

ただ、既婚者でも堂々と登録できるのがハッピーメールです。また、恋人がいても登録できるため、高校生をのぞく18歳以上の男女であれば誰でも登録可能! という点でとても登録しやすいサイトなんですね。

年齢確認書類の一部を隠しても良いのがハッピーメール

出会い系サイト規制法により、高校生を含む18歳未満の男女は、ネット上のサービスで出会いを探すことが禁じられています。それは出会い系サイトのような「セックス目的」のサイトでも、真面目な「恋活・婚活目的」のサイトでも同じです。

そのため、ハッピーメールでもペアーズでも18歳以上ということを証明するために、年齢確認書類を写真で撮って送ることが必須です。そこで、運営側に承認してもらうことで初めて、女性とのメッセージが可能になります。

ただ、ハッピーメールとペアーズの違いとして、年齢確認書類を一部隠して良いかどうかが異なります。

  • ハッピーメール:「生年月日、または年齢」「書面の名称」「書面の発行者名」だけ見える必要あり
  • ペアーズ:全ての箇所が見える必要あり

そのため、ペアーズでは本名・住所までが運営に伝えるのが、心理的なハードルとなるんです。

さらにハッピーメールでは年齢確認の方法として、クレジットカード(VISA・Master・JCB)で100円分ポイントを買うという方法もあるため、自分の個人情報をできるだけ明かしたくない方にはハッピーメールの方が好都合です。

えっちしやすい・セフレを作りやすいのがハッピーメール

次は、特に大事なセックスできるかどうかについて述べていきますね。まんてぃは「えっちしたい人・セフレを作りやすい人」におすすめしているのは、ハッピーメールです。もちろん、お金を支払ったりしないという前提ですよ! 笑

まんてぃはペアーズ歴も4年以上あるので、ペアーズでも遊びまくってきました。しかし、それでもえっちしやすい、セフレを作りやすいのはハッピーメールだと思っています。具体的に4項目で比較した結果を、以下の表に示します。

えっちしやすさ・セフレの作りやすさ比較

ペアーズ ハッピーメール
えっちしやすさ 〇 できる ◎ 簡単にできる
セックスに至るまでの時間 △ 基本的には1週間以上必要 ◎ 早ければ即日!
えっちするまでに使うお金 △ 2回以上のデート要(1回のことも) ◎ デート1回でOK
セフレ関係を継続できるか △ 恋愛目的の人が多いため。付き合ってくれと言われ続ける ◎ 相手もセフレ関係を望むため

もちろん、えっち目的NGの女性はいますが、きちんと相手を選べばかなりえっちしやすいわけなんですね。それでは、それぞれ解説していきます。

えっちしやすさ

ハッピーメールは相手もえっち目的で来るため、ペアーズよりもえっちしやすいです。そのため、口説き方が上手くなくても、割と簡単に家やホテルに誘うことができます(まんてぃは滑舌が悪くてカミカミです 笑)。

もちろん、ハッピーメールに登録している全ての女性がえっち目的の人ではありません。恋愛・結婚のために登録している人もいれば、お金目的で登録している女性もいるため、見分けることは必要です。

参考:【素人出会い】ハッピーメールで業者・サクラを避けタダまんする方法

逆に、ペアーズにはセフレ探しの女性はほぼいません。真面目に恋活・婚活している人ばかりです。そのため、口説いたときに「そんなつもりじゃなかった…… ごめんなさい」と言われて、口説くために使った時間・費用が無駄になってしまいます。

一度拒否されてから口説くこともできますが、とても困難です。それよりも、ハッピーメール女子の方がサクッとえっちしやすいんですね。

セックスに至るまでの時間

セックスに至るまでの時間は、ハッピーメールの方が早いです。ネットの出会いからセックスに至るまでの時間は、以下の2つがあります。

  • ネット上でアプローチしてから実際に出会うまでの時間
  • 実際に出会ってからえっちするまでの時間

この両方において、ハッピーメールの方がすぐえっちできます。

実際に出会うまでの時間は、ハッピーメールでは最短で数時間です。【写真有】ハッピーメールでセフレ作り!即日えっちする出会い攻略法に書いてあるのですが、掲示板を使ってこれから会いたい人を募集すれば、すぐに出会うことができます。

逆にペアーズでは、今すぐ会いたい人を見抜く手段はありません。相手の信頼を得るため、少なくとも数日以上は出会うまでに時間が必要です。

また、会ってからえっちするまでの時間もハッピーメールの方が早いです。早いと、即日えっちできます。というより、まんてぃはハッピーメールではほぼ即日えっちします。

もちろん、ペアーズでも即日えっちすることもできます。しかし、簡単に抱かれたくないと考えてガードする女子が多いため、2回・3回会ってえっちすることになりかねません。

また、1回でえっちすると、女子に通報されるリスクが高くなります(>_<) なかには「ブロックすれば平気でしょ?」と思う人もいますが、ブロックしても通報はできるので注意してくださいね!

えっちに至るまでのお金

セックスするまでの時間と同じで、会う回数が少なくてよいため、ハッピーメールの方がより安価なデート代でえっちできます。

基本的にハッピーメールで会う場合は、「食事 → 家 or ホテル」という流れでえっちするのがおすすめです。速攻でホテルに行くこともありますが、美人局(つつもたせ)対策のため、食事をはさむことを推奨します。

具体例を示しますね。まんてぃはまず安い居酒屋に行きます。居酒屋では500円のお酒を3杯くらい飲み、女子も同じような感じです(計3,000円)。経費削減のため、料理はあまり食べません。結果、会計が5~6,000円程度です。さらに、女子に2,000円もらっています! 笑

居酒屋で女子と飲むまんてぃ飛鳥

pairs3.jpg

その後は自宅に行くため、1回のえっちにかかる費用は4,000円くらいです。なお経験上、高いお店で食事をしたからといって、えっちしやすくはなりません(安すぎるところは嫌われる可能性があります 笑)。

女子を家に呼んでえっちしました

pairs4

また、女子におごったからといって、口説きやすくなるわけでもないため、できる限りもらった方がお得です! 笑 なお、まんてぃは20,000円の食事をおごって、女子に帰られたという苦い思い出があります(>_<)

逆にペアーズでは、複数回食事に行くことになりかねません。すると、食事代だけで10,000円を超えます。それだけのお金を出しても口説けないこともあるため、ペアーズでの出会いは「コスパが悪い」とまんてぃは考えています。

関係を継続できるか

セフレ関係を継続するためには、確実にハッピーメールを使った方が良いです。同じセフレ探し目的の女子と出会えると、お互いに都合が良いため、簡単に相手を切らないからです。

ハッピーメールで作ったセフレとのカカオトーク

beginner6

ペアーズでも、付き合わずにえっちすることはできます。セフレ関係になることもあります。しかし、相手は恋愛したい気持ちを持ち続けるんですね。

結果としてセフレ関係が続いても、「相手に付き合ってと言われ続ける」「相手が他に良い人ができて切られる」のどちらかです。

ペアーズと同じマッチングアプリの「Omiai」でのセフレとのLINE

matchsf4

つまり、相手とセフレ関係が続いている間はずっと「付き合ってほしい」と言われることになっちゃうんです。

その状態に耐えられるタフさがあれば、ペアーズでもセフレを作るのは良いと思います。しかし、「付き合ってくれと言われるのが面倒」「相手に悪い気もする……」「でもセフレは欲しいな」というのであれば、絶対にハッピーメールでセフレを作った方が良いです。

ペアーズ・ハッピーメールで出会える女性の違い

「ハッピーメールの方がえっちしやすいこと、セフレ関係を作りやすいことはわかった。でもどんな女子に会えるんだろ?」と思うかもしれませんね。

そこで、ハッピーメールとペアーズで、どのような女子に出会えるかを比較していきます。

結論を言ってしまうと、美人に出会いやすさ・スタイルを選んで選びやすさ・選べる女性の交際ステータスの豊富さにおいて、全てハッピーメールの方が優れています。比較した結果を、以下の表に示しますね。

出会える女性の比較

ペアーズ ハッピーメール
美人に出会えるか △:美人は競争率が高くて出会うのが大変 〇:顔写真がない子のなかに美人がいるため
好みのスタイルの女子に出会えるか 〇:女子のスタイルを見て選べる ◎:女子のスタイルを見て選べる+バストサイズも確認できる!
色んな交際ステータスの女子に会えるか ×:出会えるのは独身(離婚した人も)で、彼氏がいない女子のみ ◎:独身で彼氏いない女子、彼氏がいる女子、既婚者など

美人に出会いやすさ

ペアーズにはかわいい女性がたくさん登録していて、簡単に出会えそうと思いますよね。しかし、ペアーズには実際に美人はいるものの、競争率が非常に高くて出会いにくいです。普通に活動していたのでは、1000いいねを超えるような美人にはなかなか出会えません。

逆にハッピーメールは、ペアーズよりも美人に出会いやすいです。しかし、可愛い顔写真の人は業者の可能性が高いため、あえて無視します。出会い系だからといって、顔出しでセフレを探している美女はいません!(お金目的はいます)

そのため、顔写真のない女子のなかから美人を探すことになります。まんてぃの長年の経験上、出会い系では芸能人クラスの女子には残念ながら会えません。ただ、「中学校・高校生のときにクラスで評判の可愛い子」レベルの女子には会えます。

写真を出していない分だけ競争率が低いため、ハッピーメールであえて顔写真のない女子にアプローチしてみて、美人を探してみることをおすすめします。

望むスタイルの女子への出会いやすさ

ペアーズでもハッピーメールでも、女子のプロフィールページには「スタイル」を書く欄があります。

ハッピーメールのスタイル欄

Bigtits2

ハッピーメールでは、スタイルを「細身」「ややスレンダー」「ふつう」「ナイスバディー」「がっちり」「ややぽっちゃり」「ぽっちゃり」のなかから選択できます。ペアーズでも、ほぼ同じです。

ただ、ハッピーメールの方がより相手のスタイルを見ることができます。

なぜかというと、ハッピーメールでは「カップ」別に女子を探すことができるからです。そのため、まんてぃのようなおっぱい星人には、とてもありがたいんです!

ハッピーメールのカップ欄

Bigtits3

もちろん書かなくても良いため、書かない人もいます。また、本当のことを書かなくても良い箇所です。しかし、まんてぃの経験上、一般の女子も本当のカップ数を書いています。そのため、おっぱい好き男性は多いに参考にしましょう。笑

なお、ハッピーメールにはスリーサイズを書く欄もありますが、スリーサイズに関しては無視することをおすすめします。

スリーサイズを真面目に書く一般の女性はいないからです。まんてぃがえっちした女子は、「正直わかんないし、適当に書いてるよ。真面目に書いてる人いるのかな 笑」と述べていました。そのため、「B:87 W:60 H:90」といったグラビアアイドルのようなスタイルの女子は、業者の可能性が高いため無視しましょう。

選べる女性のステータスの豊富さ

ハッピーメールとペアーズで、どんな交際ステータスの女性に出会えるかというと、ハッピーメールの方がより豊富な種類の女子に出会えます。

ペアーズで会える女子と、ハッピーメールで出会える女子を以下に示しますね。

  • ペアーズ:未婚の彼氏なし女子、バツイチ女性、シングルマザー
  • ハッピーメール:未婚の彼氏なし女子、バツイチ女性、シングルマザー、未婚の彼氏あり女子、既婚女性、その他微妙な関係の人がいる女性

このように、ハッピーメールとペアーズとでは、出会える女性が全く異なります。どちらのサイトも、18歳以上の男女でなければ利用できないのは共通しています。ただ、ペアーズでは恋人がいる人や既婚者は使用できません。通報対象となっています。

「え、でも交際ステータスってそんなに大事なの?」と思うかもしれませんが、とても大事です。なぜなら、パートナーがいる女子の方が簡単にえっちできるからです!

ハッピーメールで出会った人妻とのLINE

beauty4

既婚の女性や彼氏がいても登録している女子は、「性の不一致」「セックスレス」などで今のセックスに満足していない人ばかりです。そのため、出会えれば超高確率でえっちできるんですね。

結論として、交際ステータスを選んでえっちできるハッピーメールは、とても良いサイトだということができます。

業者の有無・サポート体制などを徹底比較

「エロくてセックスしやすい女子と出会えるサイトがある」と聞いても、安全性の低いサイトだったら怖いですよね。そこで、ペアーズとハッピーメールの安全性を比較するべく、業者の有無とサポート体制を徹底比較していきます。

先に比較結果を、以下の表に示しますね。

安全性の比較

ペアーズ ハッピーメール
業者の有無 ◎ほぼいない、他サイト誘導業者・ビジネス勧誘業者はいる △存在するが、簡単に見分けることができる
サポート体制 〇24時間監視、メールサポートあり ◎24時間監視、電話でのサポートあり

この表に示すように、業者の有無で考えた場合はハッピーメールよりペアーズの方が少ないのは確かです。ただ、業者かどうかを見分けるのは割と簡単です。また、サポート体制は電話サポートがある分だけ、ハッピーメールの方が優れています。以下、詳細に説明しますね。

ペアーズに業者はいない? ハッピーメールの業者の有無は

「出会い系サイトはサクラしかいないんじゃ……」「業者がたくさんいそう」と思ってしまう人は多いと思います。業者もサクラも似た意味で使われているので、以下では一般の女性と区別するという意味で「業者」と統一しますね。

結論を言うと、ペアーズとハッピーメールの業者の有無は、以下のように示されます。

  • ペアーズ:業者はほぼいない。他サイト誘導業者、ビジネス勧誘業者など
  • ハッピーメール:業者はいる。他サイト誘導業者、援デリ業者(援助交際デリヘル)、援交女子、ビジネス勧誘業者など

他にも、ハッピーメールにはパパ活女子も存在するのは事実です。また、ごくまれにえっちした後に恐喝される美人局(つつもたせ)もいると言われています(まんてぃは全く被害にあったことはありません)。

このように聞くと、真面目に考える人ほど、「ハッピーメール怖い…… やっぱりペアーズかな」と思ってしまいますよね。ただ、以下の3つのことを意識するだけで、業者に出会うリスクは大幅に減ります。

  1. エロ過ぎるプロフィールの女子を避ける
  2. お金をにおわせている女子を避ける
  3. 早く××ができるという女子を避ける(××は、会うこと・えっち・連絡先交換)

業者は、「うまい」「安い」「早い」話で一般男性と会おうとするため、男性にとって都合の良い話は疑ってください。「今すぐタダで良い、誰でも良いから犯して!」なんてAVに出てくるような痴女は、出会い系にもいません。

業者のプロフィール例

beginner14

この点さえ踏まえれば、まんてぃのように業者の被害に全く合わずに、ハッピーメールで楽しくセフレを作ることができますよ(^^)

ペアーズ・ハッピーメールでサポート体制を徹底比較

ペアーズというマッチングアプリを運営している会社と、ハッピーメールという出会い系サイトを運営している会社を比較した場合、なんとなく「出会い系サイトを運営する会社のサポートは大丈夫かな」と思ってしまいますよね。

ただ、ペアーズだけでなくハッピーメールも24時間サポートをしてくれるので安心です。

加えて、ハッピーメールは24時間電話での対応を行っているため、ペアーズより手厚くサポートを受けることができるんですね。もし、困ったことがあったらまずはサポートに電話したいという人には、ハッピーメールがとてもおすすめなんです!

また、どのような会社が運営しているかも気になると思いますので、会社情報も比較しますね。

会社情報の比較

ペアーズ ハッピーメール
運営会社 (株)エウレカ (株)アイベック
創業年 2008年 1981年
サイト運営開始日 2012年 2000年

ペアーズを運営するエウレカは、2008年創業で、2012年にペアーズを開始しています。現在は、米NASDAQに上場しているIACグループに所属しており、サイト運営歴は短くても信頼性の高い会社だといえます。

次に、ハッピーメールを運営するアイベックは、1981年から続く歴史のある企業です。ハッピーメールも2001年に設立されたサイトであり、出会い系サイトの規制にも対応してきた信頼性の高い会社だといえます。

このような点から、ハッピーメールは出会い系サイトのため、サポートはどうなのかなと思いがちですが、ペアーズと同等以上の信頼性があるとまんてぃは考えています。

出会えるまでの料金の違い

最後に、ハッピーメールとペアーズで料金を比較した場合、セフレを作るのにどれくらいのサイト料金がかかるのかを比較していきます。

料金体系から考える使用料金の違い

ペアーズとハッピーメールで料金体系が最も異なる点は、「定額制のサイト」か「ポイント制のサイト」かというところです。

料金体系の違いと、それぞれで発生する料金の概要を以下の表に示します。

料金体系の比較

ペアーズ ハッピーメール
料金体系 定額制 ポイント制
概要
  • 最安値は1ヶ月会員(3,500円程度)
  • 自分からアプローチできる人は30人/月
  • カップリング成立すれば、メッセージし放題
  • 1ポイントは約10円
  • メールは1通5ポイント(50円)
  • マッチングしなくても最初からメール可能
  • ポイントは180日間使用可能

以下、まんてぃの体験談を用いて、セフレを作るときに生じる料金をより具体的に比較しますね。

ペアーズでは、1ヶ月の使用料金が3,500円程度です。出会える人の量は、人により異なりますが、正直10人以上と出会うのは大変です。10人以上と同時並行でメールするには、時間も労力もかかるため、モチベーションが続かないからです。実際には5人と出会うと想定すると、女子1人当たりに出会える料金は700円です。

次にハッピーメールでは、1人あたりに出会える料金は500円~1,000円くらいです。この概算は、女子が連絡先交換に応じてくれるのが、メッセージで約10通往復してからになってしまうからです。ただ、女子にメッセージを無視をされることも多いため、少し多めに見積もっています。

2つの理由があるため、ハッピーメールの方が安上がり

ここまで示すと、ペアーズでもハッピーメールでも、えっちするまでに至った料金はほぼ同じかなと思ってしまいますよね。しかし、明確に言って、ハッピーメールの方が安く女子に出会えます。

ハッピーメールの方が安くえっちできる理由は、以下の2つです。

  1. 定額制でないため、ポイントをいつ使っても問題ない
  2. 入会時にもらえるポイントで無料でセフレができる

以下、それぞれを解説しますね。

ハッピーメールは定額制でないため、ポイントをいつ使っても問題ない

ハッピーメールの良いところは、1度買ったポイントは、購入日から180日間いつ使っても良いところです。

セフレが欲しい人のなかには、「たくさんセフレが欲しい」という人もいれば、「1人だけセフレがいれば良い」という方もいます。また、「1ヶ月のなかでも暇な週だけセフレを探したい」という人もいますよね。そのような方の場合、定額制サイトは損です。

ペアーズの1ヶ月プランで有料プランに申し込んだとして、最初に出会った子とセフレになったとします。その後、そのセフレと1ヶ月以上続くとなると他の女子に会わないため、セフレを作るのに使ったお金は3,500円となります。

逆にハッピーメールの場合は、最初に出会った女子とセフレになった後、1ヶ月以上セフレ関係が続いても、出費は500円~1,000円で済みます。そして、1度購入したポイントは購入後180日間使用可能なため、定額制サイトと違ってポイントが無駄になりにくいんです。

もちろん1ヶ月の間、「セフレが欲しいから女子と出会いまくるんだ!」という方にはペアーズでも良いと思います。ただ、自分の忙しさに合わせて、マイペースにセフレ作りをしたいのであればハッピーメールがおすすめです。

入会時にもらえるポイントで無料でセフレができる

そして、ハッピーメールの方がなんといっても良い点が、入会時にもらえる無料ポイントでセフレが作れることです!

ハッピーメールでは、入会時に最大で1200円分のポイント(120ポイント)が無料でもらえるんですね。

ここまでに述べてきたように、業者を見分けて一般のセフレを求める女子にメッセージすれば、500円~1000円程度でセフレが作れます。掲示板で会いたがっている女子を募集したりすれば、より安い値段で女子と出会うことも可能なんです!

メッセージ4通(200円)で連絡先を交換した例

Bigtits4 Bigtits5 Bigtits6

ペアーズは、残念ながら無料でセフレを作ることは絶対にできません。ペアーズに無料で入会することはできますが、定額制分の料金を支払わなければ、女子とメッセージすることができず、連絡先交換もできないからです。

もちろん、メッセージ以外の手段で、女子に連絡先を教えることもできません。プロフィール写真に連絡先を載せてみたり、自己紹介文に連絡先を載せても、審査でNGとされて掲載できません。セフレを作るためには、少なくとも3,500円程度はペアーズでかかってしまうんです。

しかし、ハッピーメールではポイントを買わなくても無料でもらえるポイントでセフレを作ることができます。そのため、ペアーズでセフレを作ろうとしている人も、まずはお試しにハッピーメールにも登録してみると、よりセフレを作りやすいですよ。

ハッピーメールの無料ポイントでセフレを作ってみる

まとめ

「セフレが欲しいな……」と思ったら、ネットの出会いを考える人は多いですよね。そのなかでも登録人数が日本最大級を誇る、「ペアーズ」や「ハッピーメール」のどちらに登録するか悩む人に対し、5つの視点で徹底比較してきました。

結論としては、ハッピーメールの方がセフレ作りに向いています。女子がハッピーメールに登録する目的が、恋活・婚活目的だけでなく、えっちな目的も含んでいるからなんですね。

「登録のしやすさ」「えっちしやすい・セフレを作りやすい」「美人、スタイル、交際ステータスを選んで出会いやすい」「業者はいるが見抜ける、電話でサポートしてもらえる」ことがハッピーメールのメリットです。

さらにハッピーメールでは、無料で登録した際にもらえる最大1,200円分のポイントを利用し、セフレを作ることができます。そのため、ペアーズに興味がある男性でも、同時並行でハッピーメールも試してみることを強くおすすめします。

ハッピーメールの無料ポイントでセフレを作ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です