ペアーズ・Omiai・withでセフレは作れる?推奨しない理由6つ

「セフレって本当に作れるんだろうか?」
「セフレはどこで作るんだろう」

今までに彼女がいたとしても、セフレが出来たことがない人は多いです。

セフレを作りたいと、「女友だちのなかにエロい女子っていないかな。あの子、ヤラせてくれないかな」と考えてしまいますよね。

どこでセフレを作ったらいいのかなと悩む人は、マッチングアプリが良さそうじゃないかと考えます。「マッチングアプリは最近流行ってるし、めちゃくちゃ女子に出会えそうだから、オレも簡単にセフレができるかも!」と思う人は多いのではないでしょうか。

結論を言ってしまうと、私の経験上、ペアーズ、Omiai、withといったマッチングアプリでエッチすることはできます。ただ、エッチできたとしてもセフレにはなりにくいため、私はマッチングアプリでのセフレ作りはおすすめしていません。

じゃ、どこでセフレを作れるかというと、同じネットの出会いでもマッチングアプリでなく、出会い系サイト(以下、出会い系)です。出会い系のなかでも、私がおすすめするのはハッピーメール(R18)です。

dt2

ハッピーメールをおすすめする理由は、

  • 出会い系のなかで登録人数が最も多く、累計で1,700万人を超えること
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • プロフィール閲覧が無料
  • 顔写真を出しても身バレしない機能がある

からです。

前振りが長くなってしまいましたが、こんにちは! マッチングアプリのOmiaiで即日エッチをしたら通報された「まんてぃ飛鳥(以下、まんてぃ)」です。

まんてぃは、ペアーズでもOmiaiでもwithでもセフレを作ってきました。ただし、あまりよくない経験もしてきたため、正直言ってマッチングアプリでのセフレ作りはおすすめしていません。

マッチングアプリよりも圧倒的にセフレ作りにおすすめなのが、出会い系サイトのハッピーメールです。

このように述べても、「え、セフレ作れるならペアーズでいいじゃん!」「てかまんてぃ、本当にマッチングアプリでセフレ作ったことあるのかよ」と思うかもしれませんね。

そのため、マッチングアプリでセフレを作る方法をお話した上で、マッチングアプリでセフレを作らない方が良い理由と、セフレを作るための出会いとしてなぜ出会い系が良いのかを説明していきますね!

マッチングアプリでセフレは作れる? sexできる?

ペアーズやOmiaiでは、付き合わないとエッチできないんじゃないかと思う人は、とっても多いと思います。それはもちろん、マッチングアプリが恋活・婚活目的の人が多いからです。

でもですね、まあぶっちゃけマッチングアプリでも、付き合わずにエッチはできちゃうわけです。女性の恋愛感情を使うので、あまり良くない方法ではあるのですが。。

この恋愛感情を使うというのが、まんてぃがマッチングアプリでのセフレ作りをおすすめできない理由の1つでもあるんですね。もちろん、「セフレ作っておいてよく言うわ!」という気持ちはごもっともです。ただ、経験をつんでわかったこともあるので、説明していきますね。

マッチングアプリでセフレを作る流れ

最初に、「オレはwithとかマッチングアプリでエッチしたい!」という男性のために、マッチングアプリでセフレを作るための流れをどーんとお見せしますね。

  1. ペアーズ・Omiai・withなど好きなマッチングアプリに登録する
  2. プロフィールを整える
  3. 女性を探していいね! してマッチングする
  4. メッセージ交換して出会う
  5. デートして、ホテルや自宅に連れ込んでエッチする
  6. 連絡を続けて、お互いの都合のいい時に会う

セフレを作る流れは以上です。

「は?」という声が聞こえてきそうですが、どのセフレ作りサイトを見ても、ナンパ塾の内容を見ても、この流れがマッチングアプリからセフレを作る基本といえます。

マッチングアプリでセフレを作るときのコツ5つ

上記した流れが基本だといっても、「もっと詳細な説明がないとセフレ作れないわ!」というあなたに、丁寧にコツを紹介していきますね。なお、超初心者の方にも対応しているため、少しの勇気があればみんな行動できる内容です。

デートは夜にして、飲みに行ってお酒の力を借りる

アルコールの力を使うのは、誰しもが考えつきますよね。アルコールは女性を積極的にさせるため、そして理性的な思考を奪うために効果的です。

でも、お酒を強引に飲ませてエッチするのは犯罪になので、絶対にしてはダメですよ! あくまでも、お互いにほろ酔いくらいで飲むようにしましょう。

徐々に身体の距離を縮める

身体の距離感はとても大事です。最初は少し距離を取りつつも、少しずつ身体の距離を近づけていって、スキンシップを図ります。

そして1件目のお店を出るときのタイミングで、手をつないでみましょう。手をつないで嫌がらなければ、その段階ではかなり高い確率でエッチできます。

ホテル・家にはだまって連れていく

「ホテルや家への連れ込み方が分からない」という人は、口説かずに黙ってホテルや家に連れていきましょう。

そして、ホテルや家の前で「えー、どうしようかな」と言われたら、「まわりに人がいるから、とりあえずなかに入ってから考えよう」と伝えます。そして魔法の言葉が「大丈夫! 大丈夫!」です。何が大丈夫かはまんてぃも全然わかりませんが、かなり便利です。笑

付き合うの? という質問は受け流す

エッチする前に女子からこの質問をされたら、「Yes」「No」で答えてはいけません。

真剣に考えてるよ! すごく素敵だと思ってるよ! で受け流しましょう。まともに答えたら、「付き合うからエッチする」「付き合わないからエッチしない」という相手のペースになってしまいます。

付き合えない理由は明確にする

エッチが終わったら、「私たち、どういう関係?」「何か言うことないの~?」と聞かれることは多いです。

この質問もはぐらかして答えます。ストレートに「なんで付き合えないの?」とまで言われてしまったら、「仕事が忙しいから」と話して逃げるようにします。逃げるは恥だが役に立つ、を実践しましょう(原作ファンの方にはすみません)。笑

以上が、マッチングアプリでセフレを作るときのコツです。

Omiaiで実際に作ったセフレ

でも、「本当にアプリでセフレ作ったのかよ」と疑われそうなので、まんてぃがOmiai(オミアイ)で作ったセフレの子とやり取りしたLINEをお見せしますね。

matchsf1

「ちょっと…… 何を言っているかわからない」と思いますよね。このLINEはまんてぃが女子をセフレ化したのち、LINEの写真をオミアイと同じようにしたときに突っ込まれたものです。

オミアイでセフレ化した女子のプロフィールは、以下のような感じです。実際に家に来たときの写真も示しますね。

  • 29歳
  • 会社員
  • いいね数! 700超え
  • セックスした回数 10回くらい

Omiaiのプロフィール写真

matchsf2

家で撮った写真

matchsf3 matchsf14.jpg

会ったときに可愛いなとは思ったのですが、他にもエッチしたいと思う子がたくさんいたため、お付き合いしませんでした。(冷静に書くと本当にクソですね…… 笑)

付き合うかどうか迷って数回デートしたら、セフレにすることができました。

マッチングアプリでセフレを作らない方が良い6つの理由

「実際に結果を出してるんだから、マッチングアプリでセフレを作れるじゃん!」と思うかもしれませんが、良いことばかりではないです。結構つらいこともあります……。

だからこそ、まんてぃはマッチングアプリでのセフレ作りをおすすめしていません。

それでは、なぜマッチングアプリでセフレを作らない方が良いのかという理由を6つ記していきます。すべて実体験に基づいているので、信ぴょう性が高いはずです!

ガードが固くて落としにくい

セフレを作ったことがない人が、マッチングアプリでセフレを作るべきでない理由の1つめは、女子のガードがとても固いからです。

ある程度成功体験(性交体験)を積むと、女子からの強烈な拒否という「グダ」をくらっても気にしません。「今回はそのパターンのグダか…… じゃこの戦法だ!」という感じで、ペラペラと口説いてエッチします。

しかし、付き合わずにエッチをしたことがない男性にとっては、このグダのところで弱気になってしまうんですね。実際、もう一押しすれば落ちる女子は多いのですが。

そのため、マッチングアプリで女子に出会っても、エッチできないことが非常に多いんです。犯罪は絶対にダメですが、ある程度を押しが強くないとマッチングアプリではセックスまでたどりつけません。

もちろん、何回かデートをするとガードはゆるくなります。ただ、デートした分だけセックスにかかるお金も時間も多くなってしまいます。3回も4回もデートして、1回だけやっとエッチをするのであれば、風俗に行った方が安上がりで時間もかかりません。

通報されて強制退会の可能性がある

ペアーズ・Omiai・withをはじめとするマッチングアプリには、利用規約に身体目的の出会いはNGといった内容が記載されてあります。そして規約を破ると、有料会員であっても返金されずに、問答無用で強制退会させられます。

強制退会までの流れはマッチングアプリによって異なるため、Omiaiの例を示します。Omiaiでは身体目的などで1度通報されると「あなたに違反報告が行われました」と連絡が来ます。まんてぃにも連絡が来ました。

そして複数回違反報告がされると、「イエローカード」が提示されます。

イエローカードが付与されると、一定期間あなたのプロフィール写真にイエローカードが記された状態になります。

Omiaiでイエローカードされた女性

matchsf5

そして、マッチングしている全ての人に、「あなたとマッチングしている××さんに、イエローカードが付与されました」と連絡が行きます。

そのため、イエローカードをもらった時点で、マッチングしている全女子にあなたが危険人物だと思われてしまい、連絡を切られてしまうのです。

また、イエローカードを2枚提示されると強制退会となります。イエローカードをもらったときと同じように、マッチングしている全ての相手に連絡が行きます。なお、Omiaiは本人確認書類を保管しているため、別アカウントを利用しても、2度と強制退会ユーザーは登録できません。

エッチした後の帰り道が修羅場

matchsf6

まんてぃは、マッチングアプリでエッチした子に何度も泣かれたことがあります。。

なんで泣かれるかと言うと、女の子としては「付き合いたい」のに「遊ばれた」と感じるからなんです。そのため、マッチングアプリでエッチした後の帰り道は、いつも何を言われるかわからなくて、ハラハラしながら駅に向かっていました。もちろん、自業自得ですが。

他にも「いつも女の子、連れ込んでるんでしょ」と言われたりもします。また、「私は本気だったのに、あなたは違うんですね」と言われて、申し訳ない気持ちになったこともあります。(よく嘘だと言われますが、私はメンタルが激弱です)

付き合って欲しいと言われ続ける

matchsf4

「笑顔で帰ってくれた」「また会うという約束ができた」としても、安定したセフレ関係が続くわけではありません。女子からの「付き合って欲しいコール」は続きます。

ただ、付き合って欲しいと言われ続けるのは仕方のないことです。ペアーズ・Omiai・withなどのマッチングアプリに登録している女子たちは、エッチがしたいわけではなく、彼氏が欲しいだけだからです。

そのため、エッチしたとしても「いつか、きっと付き合ってくれる」と思って、付き合ってと言い続けてくるわけです。

まんてぃも何回も付き合ってくれと言われますが、その度に「忙しいから無理」と言い続けていました。毎回断るのは精神的にも参りますが、セフレとしての関係を続けるのであれば、覚悟しなくてはいけません。

関係を継続しにくい

matchsf7

マッチングアプリにいる女子は、先ほど述べたように彼氏探しが目的です。だからこそ、何とかエッチしたとしても、本心では「私は身体の関係の人は嫌だ…… この関係(セフレ関係)は早くやめなきゃ」と思い続けてるんですね。

そのため、苦労してエッチしても、エッチした後に音信不通になることが多いです。なんとか再度出会えたとしても、数回エッチするなかで、女子は「この男性はやっぱり付き合ってくれないんだ……」と冷静になってきます。

そして、あるとき決断します。色々な感情を押し殺して、あなたを無言でブロックするのです。

そのため、マッチングアプリでエッチできたとしても、長期的なセフレにすることはとても難しいのが現実なんです。

彼女をセフレとして扱うのはリスクが高い

マッチングアプリでセフレを作る! という人のなかには、「とりあえず付き合うって言ってしまえば良い、そしてセフレのように扱えば良い」と言う人もいますが、まんてぃはとりあえず付き合うというのには反対です。

きれいごとで言うと、女子が可愛そうだからです。

「まんてぃにそんなことを言う権利はない!」と言われそうですが、実際には女性のためだけでなく、男性のためにもよくありません。

女性と付き合って適当にセフレとして扱うと、他の女子と会っていることを疑われたときやバレたときに何をされるかわからないからです。

突然、家に来られて問い詰められるのはまだ良い方です。

「強引に襲われた」と警察に連絡される、「私、死んでやる」といった脅迫メール後にリストカットされて搬送されるなど、恐ろしいことをされる可能性があります。そのため、本気の恋愛を利用して女性とエッチするのはリスクが高いのです。

女性のうらみを買うと…… 本当に怖いですよ。

以上が、マッチングアプリでセフレを作らない方が良い6つの理由です。

まとめると、エッチはできる、ただし関係を継続するのは大変で、自分も被害を受けるということですね。そしてこの原因は出会い方が真剣なことにあります。

相手をセックスに誘うのは、恋活・婚活に来た女子の期待を確実に裏切ります。そのため、男性側も傷つくのは当然のことかもしれませんが。

そのため、「オレはネットナンパ師になりたいから、1回きりのセックスで良い!」「心なんて痛まない、とりあえずセックスしたい」という人であれば、ペアーズ・Omiai・withでのエッチの相手を探すのも1つの方法かなとは思います。(おすすめはしません)

ただし、「女子を傷つけてまでエッチしたくない」「反撃されて、自分が傷つくのは嫌だ」「恋愛一切抜きで、お互いに幸せになれるセフレが欲しい」と考える人はマッチングアプリを避けてセフレを作りましょう。

出会い系でセフレを探す理由と狙うべき女性とは

マッチングアプリがセフレ作りに向いていない、ということをここまで述べてきました。

最後に、他の出会いと比べてなぜ出会い系サイトがセフレ作りに向くか、そして出会い系で狙うべき女性について述べていきますね。

出会い系が他の出会いよりもセフレ作りに向く理由

出会い系サイトは、世のなかの男性にとってセフレ作りに最も適したツールといえます。その理由を、他の出会いと比較しながら説明していきますね。

出会い系と比較する出会いは、

  • マッチングアプリ
  • 婚活パーティー
  • 相席屋
  • 街コン
  • ナンパ

です。では、あくまでも「セフレ作り目的」でそれぞれを比較していきますね。

マッチングアプリ・婚活パーティーとの比較

先ほど述べた「マッチングアプリ」、そして「婚活パーティー」は恋愛感情を持たれる可能性が高いセフレ作りには向きません。

女子のガードが固い、セフレとして続きにくい、セックスしても付き合おうと言われ続けることなどから、マッチングアプリや婚活パーティーでセフレを作るのはやめましょう。

相席屋・街コンとの比較

相席屋や街コンは、コスト面で考えてNGです。どちらも軽い出会いを求めている女子は一定数います。そのため、コスト面に目をつぶれば良いのですが、相席屋も街コンも1回あたり5,000円以上のコストが生じます。

その点、出会い系は使い方にもよりますが、登録時の無料ポイントでも女子に出会えます! また、継続して出会い系を使用しても、1ヶ月あたり3,000円で2、3人と出会えてセックスできます。

そのため、コスト面で考えても出会い系の方が優れているわけです。

ナンパとの比較

そして、最後の比較が「ナンパ」です。ナンパは万人にはおすすめできませんが、「都市部住み」「やる気が半端ない」「メンタルが強い」「体力に優れた」人であればおすすめします。出会い系よりも実際の顔を見て出会えることと、タダで声をかけられることがメリットだからです。

しかし、田舎ではターゲットが少なくてできません。また、ナンパしていることがバレたら、すぐに噂になります。

さらに、タダで出会いを作ることはできますが、その分だけ体力・精神力を非常に使います。何時間も歩き回って声をかけ続けても、無視されてばかりだと本当につらいです。

その点、出会い系サイトは家でゴロゴロしながら出会いを作れます(まんてぃはトイレで女の子のプロフィールを見るのが日課です)。

体力的にも精神的にもとても楽です。夏の暑い季節、冬の寒い季節に出歩かなくてすみます。

もちろん、写真マジックにだまされることもあります……。ただ、「とりあえずセックスできる人に会いたい」「セフレを作りたい」という目標は、他の出会いより簡単に達成できるのです。

そして一番の出会い系サイトの最も良いところは、最初からセックスをしたい・セフレを作りたい! という女子と出会えることなんです(^^)

生理中でもセックスしたハッピーメール女子とのLINE

matchsf8.jpg

↑で示してるようなセックス大好き女子に会うため、実際にどのようにすべきかを最後に説明していきますね。

出会い系で狙うべき女子とは

最後に、出会い系でセフレを作るために、どんな女性を狙っていくかについて述べていきます。しっかり読んで、お互いに都合の良い関係 = セフレを作っていきましょう。

なお、ここではまんてぃがおすすめするハッピーメール(R18)の画面をお見せしながら、出会い系で狙うべき女子を説明していきますね。

なお繰り返しになりますが、ハッピーメールが出会い系のなかでもっとも良いのは、「登録人数が多い」「女性のプロフィール閲覧がタダ」「機能がシンプル」「身バレしない機能がある」からです。

メリットのなかでも特におすすめする理由は、ハッピーメールではエロい女子かどうかを、無料でプロフィールから見抜けるからです!

ハッピーメールのプロフィール画面

matchsf13

ただ、先に述べておくと出会い系の注意点としては、「業者」「援助交際女性」がいることです。あからさまに男性を誘う女性(えげつない誘いは100%業者)、男性の都合が良さすぎることばかり書いている人は、お金を渡さないとエッチできないので注意しましょう。

真面目に恋活・婚活する女子は避ける

業者をのぞいたら、次にあなたが避けるべきは「真面目に恋愛をしようとしている女子」です。

「え、出会い系に彼氏を求めている女子なんているの?」と思うかもしれませんが、彼氏を求めている人は一定数います。なぜかというと、ハッピーメールは一見マッチングアプリのような見せ方を出しているからです。

dt2

「会うたびに恋に落ちる。」って出会い系じゃないみたいですよね。恋愛マッチングサイトと表示されていたら勘違いします。ただ、中身は王道の出会い系です(^^)

また、スマートフォンのアプリ版はノンアダルトの内容となっています。Web版でないとアダルト内容が表示されないため、女子を見抜くときはGoogle ChromeやSafariなどを使用して、絶対にWeb版からアクセスしましょう。

アプリ版・Web版でプロフィール表示項目は異なる

hp011

もちろん、真面目に出会いを求めている女子ともエッチはできます! ただ、マッチングアプリの女子と同じように、恋愛を求める女子は関係がすぐに終わりやすいです。継続的なセフレにはなりにくいため、できれば避けましょう。

実際まんてぃは、結婚相談所に行った帰りの女子とハッピーメールで会ってエッチしたことがあります。本人にも「使うサイト間違えてるよ! せめてペアーズを使った方が良いよ(^^;)」と何度も伝えましたが、今でもハッピーメールで元気に活動しているようです。笑

真面目な女子の特徴としては、興味あることの欄に「恋人」「婚活」「エッチ目的お断り」が明示されていることです。このような女子はできるだけ避けた方が、セフレにできる確率が高くなります。

ハッピーメールにいる真面目女子の例

matchsf12

 

最も簡単なのは「パートナー」がいる女性

真面目に恋愛を求める女子を狙わずに、出会い系で最も狙うべき女性は誰かというと、恋人・旦那というパートナーがいる女性です。

パートナーがいる女性で、かつ「セックス目的お断り」にチェックが入っていない女性は、高確率で出会えれば即日セックスできます。実際、まんてぃは人妻と会ったときは100%の確率で即日セックスしています。

ただ、慰謝料のリスクがあるため、セフレとして関係を築くのであれば彼氏持ちの女性を狙うのがベストです(慰謝料は100万円を超えるとも言われています……)。

なお、まんてぃとセフレ関係になる人の多くは「彼氏持ちの女性」です。彼氏持ちの女性が出会い系にいるのは、何かしら満たされていないからであるため、非常にセフレ化しやすいんです!

満たされていないものの例としては、

  • 彼氏はいるが、忙しくて会えない(セフレ扱いされている可能性あり)
  • 彼氏も自分(女性)もMだから、エッチがかみ合わない
  • 彼氏のち〇こが勃たなくてつらい
  • 彼氏が早漏すぎて欲求不満
  • 彼氏のち〇こが小さくて、満足できない

などがあります。そのため、出会い系サイトにいる彼氏持ち女性は、出会えるところまで行けば高確率でエッチできるのです。もちろん出会えても気を抜いてはダメです! ただ、彼氏の愚痴などの話をきちんと聞けば、ホテルには余裕で行けます♪

チェックすべき女子の交際ステータス

matchsf11

彼氏持ちの女性を見抜くときには、「交際ステータス」をチェックしましょう。「既婚」「複雑な関係」「交際中」という人をターゲットにすると、セフレにしやすいですよ!

ハッピーメール(R18)のホームページへ

出会い系は安くエッチできるかの結論

マッチングアプリと違い、ハッピーメールなどの出会い系サイトでの女子へのメールは、1通あたり約50円です。そのため、定額制じゃないから高い! と思うかもしれません。

しかし、最初から「はじめまして! 男性はメールにお金がかかるから、連絡先を交換できると嬉しいです! LINEのIDは……」と述べたとしても、「は? 何こいつ?」と思われて、メールは返信されないのが現実です。

もちろん、女子と出会うまでずっと1通50円のメールはつらい! と思いますよね。まんてぃもつらいです。笑

そこでポイントは、5通~10通程度メールを往復したら、連絡先交換をお願いすることです。

matchsf10

ある程度メッセージで会話できていて、まともな男性だと思われていれば、5往復程度でも連絡先交換をOKしてもらえます。そしてラッキーな場合だと、1通だけのメッセージで、直接連絡先をゲットできることもあるんです!

matchsf9

逆に警戒心が強い女子の場合、10通メッセージを交換しても、連絡先交換ができない人もいます。「LINEが嫌なら、カカオトークとかでも良いよ」と言っても、「カカオトークはしてないからすみません」という感じです。

10通メッセージ交換をしても、「会わないと連絡先交換はできない」と言われてしまった場合は、

  • 早めに出会えそうならメッセージを続ける
  • 会うのがかなり先(2、3週間後)になるなら、損切りする(メッセージをやめる)

といったように、あなたなりにマイルールを作りましょう。

10通以内で連絡先を交換するようにしていると、大体500円程度で連絡先をゲットできて、女子に出会うことができます。しかも女子をきちんと見ぬけば、出会ったその日にすぐエッチができます!

逆にペアーズなどのマッチングアプリでは、月に3,500円支払っても10人も出会えない人がほとんどです(まんてぃの先輩は1人しか出会えなかったと言っていました)。

仮に7人と出会えれば、1人会うまでのお金は500円となり、出会い系サイトで女子と出会うために払うコストと同じです。ただ、出会う目的が異なるため、会ってすぐにセックスできる確率は

ハッピーメール >>> ペアーズ

です。そのため、出会ってエッチするまでのお金はペアーズなどのマッチングアプリの方が、高くなってしまうんですね。

そのため、「損切りのルール」を設けておいて実行すれば、エッチするまでに払うお金は、出会い系の方がマッチングアプリよりも格段に安いといえます!!

まとめ

ペアーズ・Omiai・withなどのマッチングアプリで、セフレを作りたいと思っている男性は多いです。

結論を言うと、マッチングアプリの出会いでセックスすることはできます。他の出会いと同じく、飲みや食事に行って、そこからホテルに誘ってセックスしてセフレになるという流れです。

ただ、「女子のガードが固い」「強制退会の可能性あり」「エッチした後の帰り道が修羅場」「付き合ってほしいと言われ続ける」「彼女をセフレとして扱うと、恨みを買う」ことから、まんてぃは経験上マッチングアプリでのセフレ作りをおすすめしません。

他にもたくさん出会いはありますが、出会い系サイトは都合よくエッチできる関係の人を探しやすいです。特に「プロフィール閲覧無料」のハッピーメールを用いて、女性のプロフィールを細かくチェックし、彼氏持ち・旦那持ちの方を狙うとエッチしやすく、セフレにしやすいのでおすすめです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です